東京三高会について
会長メッセージ東京三高会のあゆみ組織図会則

会則

(名称及び事務局)
第1条 本会は、青森県立三本木高等学校同窓会東京支部(略称東京三高会)と称し、事務局を会長の指定した所に置く。

(目的)
第2条 本会は、会員相互の親睦を図ると共に、同窓会本部との連絡を密とし、もって母校の隆盛発展を期するを目的とする。

(会員)
第3条
①本会は、本校卒業生で東京及びその近郊に在住する者で構成し、入会希望者は、所定の手続きを経て会員となる。
②名誉会員は、特別の功労があり、総会の議決を経て推薦された会員で、名誉顧問となる。特に会長経験者は名誉会長の称号を用いる。

(役員及びその職務)
第4条 本会に、下記の役員を置く。
1.名誉会長 1名 会の象徴とする。
2.会長 1名 本会を代表し、会務を統括する。
3.副会長 6名以内 会長を補佐し、会長に事故ある時は、あらかじめ定めた順序によりこれを代行する。
4.事務局長 1名 総務(事務局)を担当する。
5.理事 20名以内 定例理事会を構成し、議決を行い、会務の執行を分担する。(会長・副会長・事務局長は理事に含まれる)
6.監事 2名 本会の会計を監査する。監事は理事会に出席することができる。
7.顧問 6名以内 会長経験者から選出し、会の諮問に応じ、助言・指導を行う。
8.相談役 10名以内 会運営への助言を行う。相談役は理事会に出席することができる。

(役員の選出)
第5条
①名誉会長、会長、副会長は、理事会において候補者を選定し、総会において選出する。
②理事、監事は、副会長の同意を得て、会長がこれを委嘱する。但し、理事と監事を兼ねることはできない。
③事務局長は理事の中から会長が委嘱する。
④顧問及び相談役は、三役会(会長・副会長・事務局長)で選出する。

(役員の任期)
第6条
役員の任期は、選任後2年以内に終了する会計年度のうち、最終のものに関する定時総会終結の時までとし、再任を妨げない。
但し、補欠として選任された役員の任期は、前任者の残任期間の満了する時までとする。また、増員により選任された役員の任期は、現任者の残任期間の満了する時までとする。

(総会)
第7条
①本会の総会は、毎年1回7月に定時総会を開催する。但し必要ある場合には臨時総会を開くことができる。
②総会の招集は、理事会の議決によって会長が招集し、その議長となる。招集は、会日の4週間前までに発する。但し、緊急のときは、この期間を短縮することができる。
③総会の議決は、出席会員の過半数をもって決し、賛否同数の時は、議長の決するところによる。

(理事会)
第8条
①理事会は、必要の都度開く。会長が招集し、その議長となる。
②理事会の招集は、会日の2週間前までに発する。但し、緊急のときは、この期間を短縮することができる。
③議決機関として、総会の議決事項の執行に関すること、総会の議決を要しない会務の執行に関すること、を議決する。

(三役会)
第9条
①会長・副会長・事務局長で構成し、必要の都度開く。原則として招集通知は会日の2週間前までに発する。ただし、緊急の場合はこの期間を短縮することができる。
②総会・理事会における議案やその方針などに付いての原案作成及び、会務上、緊急を要する場合の処理を行う。(電話などの通信システムを利用して行うことができる)

(会費)
第10条 本会の運営費は、年会費、臨時会費、寄付金、雑収入をもってこれにあて、年会費は一人2,000円とする。

(会計年度)
第11条 本会の会計年度は、7月1日から翌年6月30日までの1年とする。

(備置帳簿)
第12条 本会に、下記の帳簿を備え置く。
1.総会・三役会・理事会議事録
2.会計簿
3.会員及び役員名簿

(会則の変更)
第13条 本会の会則を改定するときは、総会に於いて出席会員の過半数の賛成を要する。

付則
1.会務上、緊急を要する場合には、三役会又は会長と副会長、或は、会長と事務局長との間で、処理し、その結果を直後の理事会において報告する。
2.本会則は、昭和54年6月23日より実施する。
3.本会則は、昭和62年7月12日改定
4.本会則は、昭和63年7月17日改定
5.本会則は、平成23年7月 2日改定


東京三高会について||会長メッセージ東京三高会のあゆみ組織図会則